ブログ記事

マウスピース矯正の本当の実力とは?渋谷・宮益坂の歯科医が語る


近年注目を集めているマウスピース矯正は、最も手軽で効果的な矯正治療として知られるようになりました。今回の記事では、渋谷・宮益坂の近藤歯科クリニックの近藤院長の話をまじえながら、マウスピース矯正についての基礎知識と患者さんが把握しておくべき注意点を解説していきます。

マウスピース矯正について知っておくべきポイント5選

歯並びや噛み合わせの問題を解決するために用いられるマウスピース矯正には、次のような特徴があります。

  1. 透明性: マウスピース矯正は透明で目立ちにくく、日常生活や仕事、学校での使用に適しています。
  2. 痛みの軽減: 従来の矯正治療に比べて痛みを感じにくく、快適な診療が期待できます。
  3. オーダーメイド: 患者一人ひとりの歯並びや歯の状態に合わせて作成されるマウスピースは、適切な治療効果を発揮します。
  4. 清潔性: マウスピースは取り外し可能で、歯磨きや食事の際に外すことができます。
  5. 診療期間や通院回数の削減: 進行状況に合わせてマウスピースを交換することで、診療期間や通院回数を最小限に抑えることができます。

このような特徴から、マウスピース矯正は多くの患者に選ばれる矯正治療方法となっています。中でも透明性や清潔性について、そして「痛みの軽減」については、従来のワイヤーから大きく進化した点と言えるでしょう。

透明で目立たないマウスピースの魅力

マウスピースの大きな魅力は、その透明性にあります。従来の矯正治療では、ワイヤーやブラケットが目立つため、矯正中の見た目に悩む人が多かったですが、マウスピース矯正は透明で目立ちにくく、外見への影響が最小限です。また取り外しができ大切な場面では外して対応できるため、仕事やプライベートでの自信にも繋がります。この透明で目立たない魅力が、多くの患者に支持される理由です。

取り外せるから清潔さが保てる

これまでのワイヤー矯正は、食事や歯磨きに最大の注意を払う必要がありました。矯正装置が歯に影響を与えて歯が磨きにくくなるのです。その結果、磨き残しが発生して虫歯や歯周病のリスクを高めていました。しかしマウスピースなら、取り外して歯磨きが可能。食事のときも外しておけば、歯に詰まることもありませんし、口腔内を常に清潔に保つことができます。

痛みの少ないマウスピース矯正治療

最新の矯正治療において、痛みを軽減する技術が注目されています。特にマウスピース矯正は、従来のワイヤーを使用した矯正治療に比べ、患者の不快感を最小限に抑えることが可能です。
痛みの原因は、歯を動かすための力や装置の圧力が歯や歯茎に負担をかけることですが、マウスピース矯正では、精密な計画に基づく段階的な歯の動きが特徴です。また、透明で柔軟性のあるマウスピースは、歯にフィットするため、装着による違和感や痛みが少なく、患者にとって安心なのです。

マウスピースは矯正治療の最適解か?

マウスピース矯正がスタンダード化しつつある今、以前と比べてどのような変化が起きているのでしょう?渋谷・宮益坂の近藤歯科クリニックの近藤院長に話を聞いてみました。

「マウスピースが取り外せるとは言っても、矯正なので1日必ず20時間程度はつけてなきゃいけないんです。でも、すごく薄くて見た目もそんなに気にならないし、ストレスが少ないですよね。クリニックの患者さんで航空会社の客室乗務員の方がいるんですが、マウスピース矯正したまま通常業務をこなせている。以前はワイヤー矯正一択でしたから、そうはいかなかったと思うんです。これは大きな変化ですよ」

マウスピース矯正はすべての症例で最適解となるのか?という問いを投げかけたところ、近藤院長からは「それは疑問です」という返答が返ってきた。どういうことだろうか?

「例えば、ある程度の段階までマウスピース矯正が進んだ患者さんがいるとする。見た目もよくなったので、患者さんのモチベーションが下がって、マウスピースを外してしまった。外す時間が長いと、当然マウスピースは入らなくなる。そして面倒になって通院しないでいると、すぐ元に戻っちゃう。その戻る過程で、以前とは違う方向に歯が動いてしまうこともあるわけです。さて、そんなときにどうするか?
そういうときはワイヤーでの矯正がベスト。そんなこともあるので、歯科医はワイヤー矯正の技術は持っていたほうがいいと思います」

この場合のワイヤー矯正は、歯並び全体を矯正するものではないとのこと。

「私は矯正専門医ではないですが、以前から部分矯正(MTM)という治療を続けてきました。マウスピースのように歯並び全体を矯正するのではなく、気になる部分だけを治療する方法です。歯科医にこの技術があれば、イレギュラーなことがあっても対処してくれるはずです」

部分矯正にも対応できるか?これも、矯正治療の歯科医選びで判断基準のひとつ。しかしマウスピース矯正のスタンダード化については異論がないそうです。

「マウスピース矯正は、現代の矯正治療において間違いなく必要です。もう不可欠なものと言ってもいい。今は技術も進んでいて、治療前と治療後、ご自身の顔がどの程度変わっていくかがわかるんです。具体的には、CTを撮影し、口腔内をスキャニングして、顔貌の写真を撮る。すると瞬時にデータ解析されて、治療後の画像が生成される。ビフォーアフターで見比べることができるわけです。これはぜひ使っていただきたいですね」

近藤歯科クリニックのマウスピース矯正治療では、デンツプライシロナのSureSmile アライナーというシステムを導入しているとのこと。次回の記事では、このSureSmileアライナーについて詳しくお伝えしていきます。

関連記事